落ち込んでいる女性
心配している女性

低用量ピルを手にする女性の中には、添付文書を読んでもよく飲み方が分からない人といった人が数多くいます。
しかし、体内でこの医薬品による避妊効果を十分に発揮させるためには、服用する医薬品に適した飲み方をマスターするのは不可欠です。

低用量ピルを服用するにあたって、まず重要なのは服用開始のタイミングですが、これについては生理初日から服用を開始するのが最適といわれています。
これは、月経初日から服用を開始することでその日から避妊効果が得られるためですが、製品によっては遅くとも生理初日から7日間の間に飲み始めれば十分に避妊効果を得ることができます。
ただし、生理2日目以降に服用を開始した場合は、十分な避妊効果が得られるようになるのは服用を始めてから2週間ほど後となります。
もし、この2週間の中で性行為を行うのであれば、ピル以外の方法を用いて避妊を行いましょう。

低用量ピルの服用方法は、基本的には他の多くの錠剤タイプの医薬品と大きな違いはなく、1日1回1錠ずつ、あらかじめ決めた時間に服用していきます。
ただし、この医薬品が他の種類の医薬品と比較して特徴的なのは、28日間で1サイクルとなっている点です。
低用量ピルでは、開始日から21日間は断続的に服用し、22日目からの7日間は休薬するという流れで1サイクルになっており、4週間を超えて飲み続ける場合はこれを繰り返していきます。
万が一飲み忘れてしまった場合は、本来飲むべき時間からさほど時間が経過していないのであれば気がついた段階ですみやかに服用し、大きく時間が経過してしまっているのであればそのシートを使用して服用するのはやめて、次の生理が来たら新しいシートを取り出して服用をはじめます。

低用量ピルの製品の多くには、1シートが21錠になっているタイプと28錠になっているタイプの2種類があります。
21錠タイプは全てが有効成分が含有されている錠剤ですが、28錠タイプは21錠タイプのものに7錠分の偽薬が加わっています。
低用量ピルで一番人気なのはトリキュラーです。
トリキュラーを通販で買うこともできるので、病院に行かずに入手できます。
飲み方はどちらも一緒で、シートに書かれている番号の順に錠剤を出して服用していきます。
正しく服用を続ければ、服用開始から21日が経過した時点で、21錠タイプは1シート分の錠剤がすべてなくなり、28錠タイプでは7日分の偽薬が残ります。
28錠タイプを手にした人は、22~28日目は偽薬を飲んで、次のサイクルの開始に備えます。
なぜ偽薬入りの28錠タイプが存在するのかというと、飲み忘れが不安になる服用者が少なくないためで、偽薬を入れて28錠とすることで毎日服用する習慣をつけることができます。

記事一覧
避妊ピルの代表低用量ピルと心房細動の関係

日本にはさまざまな避妊法があり、コンドームやオギノ式避妊法などが有名ですが、これらの避妊法は確実性が

2019年09月28日
低用量ピルとヤーズの違い、服用後の副作用はあるのか

低用量ピルとヤーズをはじめとする超低用量ピル、一体どんな違いがあるのでしょうか。まず一番の違いは錠剤

2019年09月01日
避妊目的以外にも作用がある低用量ピル

低用量ピルは、日本においては1999年に認可され若年層の女性をはじめ利用者が徐々に増加傾向にあり、現

2019年08月03日
ピルを服用すると生理がなくなるは大きな誤解

ピルは、経口避妊薬のことです。女性の卵巣で作られるホルモンを主成分にしているので、服用すれば女性ホル

2019年07月17日
低用量ピルを初めて飲むならここに注意!

低用量ピルは正しく使えばほぼ確実に避妊が期待できます。妊娠を望むのであれば服用をやめるだけで妊娠でき

2019年05月14日
女性が予定外の妊娠を避ける理由とは

性交をしても避妊する女性は沢山います。これは予定外の妊娠を避けるためなのですがその理由は何なのでしょ

2019年06月17日